免疫細胞のメカニズム

私たちの体内で働く
戦う戦士「免疫細胞」

免疫細胞は、私たちが外界から自分の体内を守って生きていくために不可欠であり、重要な細胞です。細菌やウイルスはもちろんのこと、自分の体内では異物とみなされるものを排除する働きをしています。

もともと自分の細胞であったものが変異してしまったがん細胞に対しても、免疫細胞は排除しようと努めています。この免疫の働きを担当するのは血液のなかの白血球です。

白血球には、好中球、マクロファージ(貪食細胞)、好塩基球、マスト細胞、好酸球、樹状細胞、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)、T細胞、B細胞などがあり、それぞれ大切な役割を担いながら、協力して異物と闘っています。

免疫には、もともと体のなかにあって、外から侵入する異物と闘う「自然免疫」と、自然免疫からの情報を得て、特定の異物と強力に闘い、その異物を記憶して、再度の侵入に備えるという「獲得免疫」があるのです。自然免疫、獲得免疫双方とも、自己と非自己(異物)を見分けて、身体に必要な異物は攻撃しません。

免疫イメージ

免疫細胞はそれぞれが役割を果たし
その協力で異物と闘う

免疫細胞の働きのメカニズムは、体外から細菌や真菌などの異物が入ってくると、体内を流れている貪食細胞と呼ばれる好中球やマクロファージがその異物(抗原)を食べて、それ以上、体のなかに害が広がらないように務めます。

この好中球やマクロファージは自分たちの手に余るような場合には、その敵である抗原の情報を司令塔の役割を果たす樹状細胞に伝えるのです。

抗原の情報を獲得した樹状細胞は、近くのリンパ節に移動していって、まだ抗原に出会ったことのない“新人君”であるナイーブT細胞やナイーブB細胞と呼ばれる免疫細胞に抗原の情報を渡します。

そうすると、このナイーブT細胞やナイーブB細胞は活性化して、自らが敵である異物を攻撃したり、免疫の司令塔であるヘルパーT細胞、攻撃隊であるキラーT細胞、抗体を出すB細胞、再び行うであろう抗原の攻撃に備えて抗原の情報を覚える、記憶T細胞や記憶B細胞に変化したりして、再び訪れるであろう異物の侵入に備えるわけです。

貪食細胞やT細胞は、さまざまな伝達物質(サイトカイン)を出します。そして、それを介してほかの白血球に情報を教えたり、呼び寄せたり、活性化させたり、自分たちでも異物を攻撃したりします。こうして異物などが侵入したところには、さまざまな細胞が集結してきます。そうして起きたのが炎症という現象です。

一方で、免疫が働き過ぎると自分の細胞を攻撃することがあります。

関節リウマチや膠原病といった自己免疫反応による病気というのは、このような時に起こると言われています。そのため免疫をコントロールする制御性T細胞などが、免疫が働き過ぎるのにブレーキをかけて、自分の細胞を攻撃しないようにすることや異物を叩いた後に元気になった免疫を復活させる仕組みを作っているのです。

がん治療において
免疫細胞の働きは重要

若い頃からがん細胞は誰の体内においても日々発生しています。それを免疫がやっつけてくれるため、病気のがんにはならないで済んでいるのです。

がん細胞は、正常な細胞から発生しているのですが、正常細胞とは違う物質(たんぱく質)を放出したり提示したりしており、T細胞などはその物質を感知して攻撃しているのです。この免疫細胞が感知する物質は抗原と呼ばれています。

これに対して、がん細胞は生き残りをかけて、巧妙な作戦を展開していきます。

T細胞に感知されるような物質を出さないで、T細胞が持っている獲得免疫から逃げたり、免疫にブレーキをかけるたんぱく質を作って、免疫の働きを抑えたりするのです。このようにして、がん細胞はどんどん増え続け、病気につながるがんが増えていきます。さらにがんが増えていくと、がんのなかでがん細胞がさまざまに変わっていくため、免疫細胞による排除や治療が難しくなっていくのです。

そこで、さらに免疫細胞による治療効果を高める方法として樹状細胞によるキラーT細胞への抗原提示作用があります。樹状細胞は未知の抗原を持つ細胞を認識することが出来ます。樹状細胞が新たな抗原を認識するとその情報をがん細胞への攻撃力をもつキラーT細胞に伝達して新たな免疫作用が行われます。

この、がんに対する免疫細胞の働きのメカニズムを応用した治療方法が、さまざまに研究・実践されてきました。科学的根拠が明確な治療法から、なかなか証明できないものまでもさまざまな治療法が生み出されてきましたが、がん治療に免疫が関わっているということだけは確かで大きな治療効果が認められています。

昨今大きな話題となった「免疫チェックポイント阻害剤」のみならず、今後も、免疫によるさまざまなアプローチでがんを叩く治療法が生まれてくることが、人類をがんから救う道に近づいていくといえます。

医師イメージ
お問い合わせ
ジャパンメディカルサービス株式会社 info(a)jp-ms.com
ジャパンメディカルサービス株式会社 電話070-7547-7077 (平日9:00~17:00)

初回は無料で医師とWeChatで面談ができます。下記よりお問い合わせ下さい。