日本のがん治療

第4の治療法である
免疫療法の可能性に期待

現在、日本のみならず国際的にも、がん治療最前線の標準治療は、手術、化学療法(薬物療法)、放射線療法が3大標準治療として認められ、がんを扱う医療機関ではこれらの治療を組み合わせる集学的治療を実施しています。そして、これらの治療を適切に受けることで、根治をめざすことになります。

しかしながら標準治療のみではがんの克服に至らず第4の治療として免疫療法が注目を浴びています。

今までに多くの治療法が研究されてきました。免疫療法にはさまざまな治療法がありますが、大きく分けると免疫を担う細胞を活性化する薬剤を投与する方法と、患者さんの体のなかから取り出した免疫細胞を培養などで活性化して再び体内に戻す方法があります。

先進医療として研究される
免疫細胞活性化のアプローチ

免疫細胞を活性化させる物質を投与することによって、免疫細胞を活性化し、がん細胞を攻撃する免疫療法は、別のページで紹介するNK細胞療法や樹状細胞療法に代表されます。

一般病院での自由診療や大学病院などが先進医療として手がけており、“第4の治療”と目されている免疫療法です。

1970年代よりその治療は実践されてきていて、数多くの臨床経験があります。特に2000年代に入ると樹状細胞療法などにより治療成績も飛躍的に伸びてきています。

担当医師と相談して治療を受けることもできます。治療を受ける際には、以下の質問をしてみるとよいでしょう。

  • 私が受けるがん免疫療法はどのような治療ですか。
  • がん免疫療法で使用する薬剤はどのように投与するのですか。
  • がん免疫療法がこれまでどのような患者さんに対してどのような効果が認められていますか。
  • がん免疫療法の目的と利点、この治療が効く可能性を教えてください。
  • がん免疫療法の科学的根拠はどの程度のものがあるのでしょうか。
  • がん免疫療法と他の薬剤、または他の治療法を併用する必要はありますか。
  • 治療に伴う副作用にはどのようなものがありますか。
  • どれくらい続ける必要があり、治療費はどのくらいですか。

がんの免疫療法は比較的新しい治療法です。効果は人によって異なりますが、なかには効果があった患者さんもいるという事実があります。

治療を受ける際には、ご自分の価値観、治療費のほかさまざまな要因を鑑みて、よく納得することが重要です。

がんの薬物療法を専門とする腫瘍内科医の集まりである日本臨床腫瘍学会では「がん免疫療法ガイドライン」を刊行していますので、こうした情報を参照し、治療の種類を検討してみましょう。

新たな視点の治療薬
免疫チェックポイント阻害剤の登場

2018年、「免疫チェックポイント阻害剤」という薬を使った治療が大きな話題となりました。この薬を研究・開発した日本の京都大学医学部の本庶佑名誉教授が、ノーベル医学生理学賞を受賞するに至ったからです。

薬物療法として実用化に至ったオプジーボ(一般名:ニボルマブ)という薬に代表されるのが「免疫チェックポイント阻害剤」は免疫療法に希望の光を与えています。

「免疫チェックポイント阻害剤」のメカニズムについて簡単に説明しましょう。

従来の免疫療法は、患者さんの免疫を強化してがんを叩くという方向性で開発を試みてきました。つまり、アクセルをどれだけ踏んでがんを叩くスピードをあげられるかという発想です。

一方、「免疫チェックポイント阻害剤」は、がんを叩こうとする免疫にブレーキをかけて邪魔をする物質をブロックして、ブレーキを外し免疫の働きを復活させるという発想です。

免疫チェックポイント阻害剤は
PD−1、PD−L1の発見から生まれた

本庶名誉教授は、キラーT細胞の表面に現れているPD−1という免疫チェックポイント分子と、がんの表面に現れているPD−L1というチェックポイント分子を発見しました。

そして、このPD−1とPD−L1が結合してしまうと、免疫細胞ががん細胞を攻撃するのにブレーキをかけてしまうことを発見したのです。

そこで、PD−1とPD−L1が結合しないように、それぞれに結合してブロックする薬が「免疫チェックポイント阻害剤」なのです。

最近、有名になったオプジーボはPD−1側に結合する薬です。そして、PD−L1というがん側のチェックポイント分子に結合する薬も現在出現しています。

「免疫チェックポイント阻害剤」は、悪性黒色腫(メラノーマ)を皮切りに、肺がん、腎がん、ホジキンリンパ腫ほか、横断的にさまざまながん種で使われるようになってきました。今後も治療が適応できるがん種が増えることでしょう。

治療適応は、今のところ他の薬物療法が選択できない進行・再発がんの患者さんに限られています。なお、これは自己免疫に働きかける治療薬であるため、従来の抗がん剤や分子標的薬とは違った副作用が現れることもあり注意が必要です。

まだ生まれて間もない治療薬ですが、免疫療法のなかでも特に有効性が期待される治療です。

医療研究イメージ
お問い合わせ
ジャパンメディカルサービス株式会社 info(a)jp-ms.com
ジャパンメディカルサービス株式会社 電話070-7547-7077 (平日9:00~17:00)