治療と症例

樹状細胞療法

白血球中にある免疫細胞で
攻撃命令を出す司令塔

樹状細胞とは、白血球のなかにある免疫細胞の一つで、免疫システムの司令塔の役割を果たしています。

樹状細胞は体内に発生したがん細胞の特徴を入手すると、攻撃部隊である免疫細胞に教え、攻撃命令を出すのです。そして命令を受けた攻撃部隊のキラーT細胞に情報を伝達し攻撃を開始し、同時にNK(ナチュラルキラー)細胞などにも情報を伝達して、がん細胞への攻撃を開始します。

人の体のなかでは、日々がん細胞が生まれているといわれます。しかし、司令塔である樹状細胞はそれを逐一察知して分析し、攻撃を指示しているため、がんは殺傷されて、病気としてのがんを発症せずに済んでいるのです。ただ、その数が極めて少なく全身をくまなく探索することや多くのがん細胞と出会った時に対応するのには限界があります。

そこでこの免疫システムがかいくぐられ、攻撃できない状態に陥るとがん細胞は増殖し始め、いつしか病気としてのがんを発症してしまうのです。

一度発症したがんは、俄然その威力が強くなります。そしてそれまでがんを叩いていた免疫システムでも太刀打ちできなくなってしまうというわけです。

樹状細胞をパワーアップして
体内へ送り込む樹状細胞療法

樹状細胞療法は、司令塔としての樹状細胞の特性を活用した免疫療法です。

患者さんの体内から採取した血液のなかから樹状細胞のもととなる単球という細胞を取り出して培養します。

この時細胞を刺激する物質(サイトカインなど)を用いて培養して樹状細胞へと分化させるのです。

培養の途中で樹状細胞に抗原を組み込ませ、がん細胞の特徴を覚えさせます。

同じ胃がんでも患者さんが違えば抗原は異なります。

樹状細胞に取り込ませるがんの目印である抗原は、手術などで取り出したがん組織を使う場合と人工抗原(WT1ペプチドなど)を使う場合があります。

手術などでがん組織が入手できない場合は、それぞれの患者さんに最適な抗原、ペプチドを選択して使用します。

そうしてそれを体内に戻すと、樹状細胞はがんを攻撃する指令を出し、指令を受けたキラーT細胞などががん細胞攻撃します。

樹状細胞療法は、がん抗原と抗原性が合うと、がん攻撃型のリンパ球が作られ、大きく反応して効果の期待大なのですが、抗原性が合わないと反応を示さないのです。

単球:元となる細胞(単球)を取り出す
樹状細胞:樹状細胞に培養。がん抗原:自己がん組織、がんペプチド(人工抗原)。がん抗原を添加
樹状細胞ワクチン
ワクチンを投与
体内
樹状細胞ワクチン、リンパ球:がんの目印を教えてリンパ球を増やし活性化。細胞障害性Tリンパ球、がん細胞:がんを狙って集中攻撃

大学病院での試験的治療中
今後が期待される治療法

樹状細胞療法は、おおむね2~3週間に一度のペースで5~7回注射により投与していきます。そして、血液検査、画像検査、免疫機能検査といった検査によって、治療効果を評価します。がんが消失していたり、縮小していたりすれば、治療はうまくいったということになります。

樹状細胞療法は、現在、大学病院で試験的な治療として一時期実施している治療でもあり、一定の評価がされています。

試験的ではあるものの、あらゆるがん種に対しての治療が試みられており、先進医療(厚生労働省が認め、治療のみ実費で受けられる合法的に混合診療が認められている医療。保険承認を目指しておこなう)として行われています。

今後、臨床試験を実施する施設が増えることと、治療がどのように進化していくかについて期待が高まる治療法だといえます。

お問い合わせ
ジャパンメディカルサービス株式会社 info(a)jp-ms.com
ジャパンメディカルサービス株式会社 電話070-7547-7077 (平日9:00~17:00)

初回は無料で医師とWeChatで面談ができます。下記よりお問い合わせ下さい。